2018年12月16日

オキナワの家

013-660x552.jpg
お久しぶりです。
最近寒くなってきたので今日は暖かい沖縄のワンポイント豆知識紹介します!

沖縄に行くとよく目にするのが、家の敷地の入口正面のシーサーがいる塀。そうこれは目隠しです!
というのは想像つくと思いますが、他にも意味があるんです。
名前は「ヒンプン」と言って、魔除けや、外と中をつなぐゆるやかな仕切りという意味もあります。
入って左を女性が、右を男性とお客様が通る規則もあります。

今の家は門などで道と完全シャットアウトするのが当たり前ですが、ヒンプンのようにすると、道と家を緩やかな繋がりを持たせながら境界を敷くという意味で
とても素晴らしい役割を兼ね備えています。

是非行った際は見てください。

次回は雨端について

中コーでした
posted by 山梨で建てる・SA−SHE・外断熱・四季の家・ナカゴミ社長・社員・スタッフ at 07:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント